医療法人 匂坂会 サキサカ病院

サキサカ病院は熊本市の外科、形成外科、内科、小児科、小児外科、ペインクリニック、麻酔科、医療療養型病院です。

Tel:096-326-0303  fax:096-359-7474


当院の取り組み

  栄養管理

合併症の少ない経管栄養への取り組み

当院では、経管栄養管理を要する患者様を対象とし「経管栄養に関連して発生する誤嚥性肺炎や消化管合併症を予防するための観察研究」に取り組んでいます。

臨床研究利用について

当院では患者様の診断、治療、術後経過などのデータを用いて臨床研究を行い、将来の治療成績の向上や、新しいガイドラインのエビデンス構築に貢献できるように努めています。診療前後に研究への同意をいただいた患者様のデータを活用しています。

個人情報の安全保護については、万全の体制下にて管理され実施されます。また、今回の研究で得られた結果に関しては、医学的な専門学会や専門雑誌等で報告されることがあります。
今回の研究に同意できない場合にはデータの使用を拒否することができます。データ使用を拒否したい、あるいは、具体的な研究内容を知りたい場合には下記の問い合わせ窓口までご連絡ください。

医療法人匂坂会 サキサカ病院
研究責任者:匂坂正孝
連絡先:096-326-0303

  食事への取り組み

栄養課理念「すべては患者さまの笑顔のために...」

これが私たち栄養課の理念です。
当院は医療療養型病院であり、ご高齢の患者様が長期間入院されています。その方々にご家庭の味や温もり、おひとりおひとりに合った食事形態での提供を心掛けています。
毎月1日は「お赤飯弁当」。二ヶ月ごとの旬の食材を使ったオリジナル弁当。四季折々の行事食の提供。治療食についても飽きのこない献立作成を行っています。また、季節ごとに職人さんをお招きし、栄養課管理の下で揚げたての天ぷらやお寿司バイキングなど、普段は味わうことのできないイベントも実施しています。 
安心して食べて頂けるよう日々衛生管理に努めており、その結果、委託先の日清医療食品(株)の衛生コンクールでは病院部門(80食未満)で優勝を収めることができました。
今後も安心・安全な食事の提供を心掛け邁進してまいります。

個々の状態に応じた適切な栄養管理

様々な病態の患者様がおられる中で、個々の状態に応じた適切な栄養管理を行うため、日々の回診に管理栄養士が参加し、医師、看護師と連携して栄養管理・指導を行っています。
医療スタッフが採血データや身体所見を共有し、ベッドサイドで正確な栄養評価が行えることで、褥瘡の発生予防や治療にも積極的に携わることができます。

栄養価はもちろん、味や食感、彩りにも配慮し食べて元気の出る食事提供を心掛け、実践しています。