【眼瞼下垂症】

 

上:術前

下:術後3ヵ月

 

 

 

上:目を開けた時

下:目を閉じた時

 

 

こちらの症例はまぶたの皮膚が瞳孔にかぶさり、

その程度が中等度(MRD 0.5mm)だったので、保険診療で手術を行いました。

挙筋短縮術は行わず、上眼瞼の余剰皮膚切除術のみ行っています。
いわゆる、眼瞼下垂症手術(その他)です。

 

 

上:実際の皮膚の切除ライン

下:切除した両側の上眼瞼の皮膚

 

 
皮膚は最大幅で8mmの切除が必要だったため、

まぶたの外に切除ラインを跳ね上げる形で、伸ばす必要がありました。

実際に本症例で切除した両側の皮膚を載せています。

 

そのラインも数ヶ月経つと、他の小皺に隠れるようなデザインをしますので、
最終的には、傷跡は目立たなくなります。
5mm程度の切除幅までは、完全に元の二重のラインの中に切開線をおさめられますので、

特に心配はありません。

 

 

 

保険診療なので、手術の目的としては、「眼を見やすくする」ことが1番ですが、

整容面も患者様が満足されるよう、デザインして手術を行います。

 

結果的に、優しい目元になり、私も一緒に喜んでおります。

微細な二重の幅の左右差などは、

後日むくみが引いてから修正術(自費診療)を行うこともありますが、

こちらの症例では、特に修正は行っていません。

 

 

手術を希望される方は、お気軽にご相談下さい。

余剰皮膚切除のみでよいか、挙筋短縮術も行うか、

または筋膜移植という最重度の治療が必要か、判断させて頂きます。

全ての術式が当院で可能です。

 

(先天性眼瞼下垂症で、小学生までのお子様は、

全身麻酔が必要になりますので、全身麻酔が可能な施設にご紹介する形となります。)