医療法人 匂板会 サキサカ病院

サキサカ病院は熊本市の外科(小児外科)、整形外科、内科、ペインクリニック、麻酔科、医療療養型病院です。

Tel:096-326-0303  fax:096-359-7474


病院からのお知らせ・スタッフブログ

 年初のご挨拶。栄養課通信(Vol.35)

新年 明けまして おめでとうございます

本年も よろしくお願い申し上げます。

 

 

三が日は寒さも緩み、晴天に恵まれたお正月でした。

 

 

令和初の日の出を楽しみにしておりましたところ、早々より

寝坊をしてしまい飛び起きた2020元旦の朝。

 

 

澄んだ空気の中、穏やかな日の光が阿蘇の連山を照らしていて

初日の出を拝むことはできませんでしたが、あまりの美しさに

思わず涙が溢れてきました。

 

 

両手を大きく広げ、体いっぱいに1年分のエネルギーを頂き、

平和で朝を迎えることの幸せを感じました。

 

 

ぺこぱの漫才のように、後悔の気持ちを前向きに転換させ、

肯定へとつながるような2020を目指します。

 

 

今年も楽しい1年でありますように。。。

 

 

 

 

サキサカ病院では、お正月を楽しんで頂けるよう、

11日までお正月の行事が続きます。

 

 

 

元旦には、御屠蘇、お雑煮、おせち料理のご用意を致しました。

 

雑煮のお餅は、安全を考え餅ゼリーを作り食べて頂きました。

 

 

 

 

 

 

夕方のお食事は色とりどりのお弁当を用意致しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月7日 『 七草かゆの日 』

 

 

春の七草がたっぷり入ったお粥で、無病息災を祈ります。

 

 

 

 

 

1月11日 『 鏡びらきの日 』

 

 

患者さま方と御一緒に、私たち職員も、鏡餅をぜんざいにして

いただきました。

 

 

今年も美味しいぜんざいが出来ました。

 

 

 

 

 

 

改めて、1年の経過が早いことを感じる瞬間です。

 

 

あっという間に松の内が過ぎ、これからは節分、ひな祭り、音楽会等の

明るい行事が続きます。

 

 

寒暖の差や、空気の乾燥等からお風邪をめされる方や、インフルエンザの

流行を耳にします。

 

 

身体の中から温まるお食事をご用意し、健康に過ごして

頂けるよう、今年も頑張って参ります。

 

 

今年が皆さまにとって、幸多い一年でありますよう祈念いたします。

 令和元年の年の瀬に。(栄養課通信Vol.34)

クリスマスのイルミネーションから何となく師走の空気へ変わり、

今年も締めくくりの時節となりました。

今年は暖冬の年の瀬となっておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

 

随分とブログをお休みしておりましたので、

令和元年を10月から振り返って参ろうと思います。

 

 

 

今年の秋は、『 秋の香り漂う お弁当 』にいたしました。

 

 

 

栗や秋刀魚、かぼちゃ さつまいも等の根菜類を使い、身体の中から

温まる秋色のお食事をご用意いたしました。

 

患者さま方にも好評で、特にしめじと油揚げのソテーは素朴な組み合わせ

ですが、すごく美味しいと喜んでいただけたみたいです。

 

 

 

 

 

また、皇位継承に伴い本年5月からは時代は平成から令和へと移りました。

 

10月22日には、新たに即位された天皇陛下が即位を内外に

宣言される 『 即位礼正殿の義 』が皇居・宮殿で行われましたので、

ささやかですが 【 お祝い 御膳 】 のご用意を致しました。

 

 

天皇陛下の「 国民の幸せと世界平和を願います 」との

お言葉に感動し、心の底からそうありたいと願いました。

 

 

 

 

 

 

12月はみんな嬉しいXmas。

 

 

 

12月25日にXmasプレートのご用意を致しました。

 

 

今年のプレートはいかがだったでしょうか?

 

カードは栄養課みんなで作り、患者さまの食事と共に。

御入院されている方々にも大変喜んでいただけました。

 

 

 

 

子供が大きくなるとXmasプレゼントやケーキといった行事が薄れていきますが

行事を行うことで懐かしい記憶が蘇ります。

 

患者さま方も忘れていたものを思い出される機会があるようです。

かけがえのない時間と笑顔のきっかけになれれば幸いです。

 

 

私は今でも、子供の行事のときには、幼かった子供の姿を思い出し、

心がほっこりしてしまいますし、キャンドルケーキの横に苺サンタを飾った時に、

初めてみたスタッフが、「自身の子供は大きくなったので、孫に作ってあげたい」

と言っていました。

 

こんなことも思い出すのでしょうね!

 

 

 

さて、皆さまにとって2019年、令和元年はどのような年であったでしょうか?

 

年女の私は、今年はとても充実した1年を過ごせたと思います。

 

年頭にいくつかの目標を立てて、実行できたこと。継続中のこと。出来なかったこと。

ありましたが、十分満足のできる1年であったように思います。

 

 

来年も、患者さま始め周りの方々に笑顔をお届け出来るよう自分自身が

笑顔に満ちた年にしたいと思っております。

 

 

今年も1年ありがとうございました。

 

年末ご多忙の折ではございますが、ご自愛くださいますよう

お祈り申し上げます。

 

 

1 2 3 4 5 6 45