医療法人 匂板会 サキサカ病院

サキサカ病院は熊本市の外科(小児外科)、整形外科、内科、ペインクリニック、麻酔科、医療療養型病院です。

Tel:096-326-0303  fax:096-359-7474


病院からのお知らせ・スタッフブログ

 春のうららの音楽会・お食事会(栄養課通信Vol.23)

春まさにたけなわ ここかしこを吹く風も桜色に染まってみえる

季節の到来です

 

近所の明八橋の桜の木も満開を迎え、気持ちの良い毎日を過ごさせて

頂いております。

皆さまはどのような春をお迎えでしょうか?

 

 

さて、去る3月19日月曜日に、花の見ごろも梅から桜に変わる頃、

サキサカ病院では

「 熊大医学部アンサンブル部 」の皆さまをお招きし、

 春のうららのすくすく音楽会  を執り行いました。

 

このテーマのすくすくという言葉は、Aから熊医の

方が考えて下さったロゴです。

それをもとに、 春の陽射しが穏やかに照らし、のどかな風が吹く中

生き物たちが新芽を芽吹き育つ様子 ” を思い描き、今回のテーマとしました。

 

 

 

 

 

 

 春のうららのすくすく音楽会  の様子です。

はじめに楽器の名前や特徴など分かりやすく紹介していただきました。

 

 

 

 

 

素敵な笑顔の学生さん達が奏でる楽しい音楽に患者さま勿論、

私たち職員もエネルギーを頂き、楽しませていただきました。

 

 

 

 

音楽会のトリは、我らが正孝先生と、後輩の方々とのアンサンブルでした。

正孝先生の登場に患者さま方より黄色い声が湧きあがり、日ごろの人気の

高さをうかがえました。

後輩の方々との協演も息もピッタリで、こちらもまた驚きました。

 

心地よい時間を過ごさせていただいていた中、患者さまより 五月ひろし

さんの曲のリクエストがあったりと、思いもよらぬ事態に会場は笑いに包まれました。

 

終始楽しい雰囲気の中、あっという間の時間が経過しました。

 

 

 

 

心地の良い音楽会を、より一層楽しんで頂こうと、私たち栄養課も

腕を振るわずにはおれません!!!

と意気込んで、皆さまがお好きな春の食事を取り揃えました。

 

* 特製太巻きとお稲荷さま

 

 

 

* 牡丹餅  ちょうどお彼岸 喜んでいただきました。

 

 

 

* リッチなロール 米粉ロールにココアシートを巻き込んで

食感が違うので更に美味しい・・・♥

 

 

 

*フルータルト パイシートにラム酒をきかせた手作りカスタード

*抹茶豆乳プリン 甘さ控えめプリンに白玉団子と小豆をあしらって

*フルーツ盛り 調理師さん達が頑張ってくれました

 

 

 

3月19日  はるのうららのすくすく音楽会メニュー 

 

*太巻き寿司 1本を2.3枚の海苔でいろんな具材を巻き込みます

*稲荷ずし  当院最年長101歳の患者さまたってのリクエスト

*春巻き   春の食材巻き込んで

*かき揚げ  玉ねぎ・人参・桜エビ・春菊 揚げたてをどうぞ

*タラの芽天ぷら  今だけ旬の味 春を丸ごと頂きます

*肉巻き卵  ゆで卵を豚肉で巻き 焼肉のたれの香りで食欲そそります

*菊花かぶ  中心に柚子をあしらって可愛い菊の花が出来ました

*大徳寺和え 旬のほうれん草といり卵の胡麻和え 春色です

*鯛のお吸い物 結び三つ葉をあしらって、めでたいお吸い物が出来ました

*手作りピザ 焼きたて チーズがとろーりを食べて頂きました

 

 

 

 

 

通信用の写真撮り(仕事)を忘れ、素敵な音楽に身を揺らしながら

患者さま方と団欒のひととき。

今回、焼き立て、揚げたてのお料理を撮影することを忘れるほどの盛況ぶりで、当日のお食事の写真を掲示出来ないのが残念です。

 

 

先週、玉名の方へお花見に行って参りました。桜吹雪の舞う中

お弁当を食べることが出来、嬉しい気持ちになりました。

 

患者さま方にも食事を通して春の風をお届けできるよう今後も頑張って

参ります。

 

新年度の行事も多い季節です。

ご自愛専一にお過ごしくださいますようお祈り申し上げます。

 

 

 春の音楽会♪

例年にない早さで春の陽気が到来し、長袖が早々と不要になりそうな今日この頃です。

桜もあっという間に葉桜となりましたが、見ごろの期間に雨も無く、皆様もお花見を楽しまれたのではないでしょうか。

 

さて、当院では去る3月19日に「春のうららのすくすく(SKSK)音楽会」という催しを行いました。

例年春に行っておりました春のお花見会、食事会ですが、熊本地震以降中止していました。

しかし、あれから2年が経ち、復興が進みつつある中で、当院としましても再び患者様に英気と活力をお届けしたいと思い企画しました。

 

会の復活と、熊本の復興への思いを今回、熊本大学医学部アンサンブル部の皆さま、

また九州フードサプライの栄養士様、調理師様のご協力を得て形にすることができました。

ご協力頂きました皆様には深く感謝申し上げます。

 

 

 

 

熊大アンサンブル部からは七人の学生さんが演奏のために御来院下さいました。

 

 

 

 

 

 

 

弦楽器、管楽器が奏でる素敵なハーモニーが会場中に広がり、たくさんの音色につつまれて春のお食事を満喫されました。

音の響きは振動となって、お耳が遠くなっていらっしゃる患者様にも届いていたようです。

 

 

 

熊大の学生さんには病室の患者様も励まして頂き、患者様から笑顔がこぼれていました。

 

 

お食事については栄養課通信で詳しいご報告があると思いますが、春を感じることのできる素敵な献立でした。

個人的には鯛のお吸い物が驚くほどおいしく、来年も楽しみです。

 

 

 

熊本大学医学部アンサンブル部の皆さんは今回のような依頼演奏や定期演奏会を行っておられます。

 

 

 

 

 

今回のような心の温まるハートフルな演奏以外にも、フルオーケストラによる迫力ある合奏もされます。

 

 

今年も4月28日夕方5時より男女共同参画センター「はあもにい」にて定期演奏会が予定されていますので、春の陽気につられてお出かけになってみてはいかがでしょうか。

入場は無料とのことで、予約なども要らないそうです。

舞台セットなど凝りに凝っておられますので、そちらのほうも一見の価値ありです。