【肝斑治療】

 

レーザートーニングを
1〜2週間に1回のペースで、
合計6回施行した、3ヶ月間の治療経過です。

 

 

 

 

 

 

慢性的な頬の赤み(毛細血管拡張)もあるため、

炎症がベースにあり、メラニン沈着が起こりやすい状態と判断しました。
当院のトーニングでは、毛細血管拡張に効果がある波長も使用しますので、

「メラニン破壊、表皮のターンオーバーの促進」という、

通常のトーニング効果と相乗効果を示し、

6回(初回お試し+5回コース)のトーニング治療で、ここまで肝斑が改善しました。

 

イオン導入はトラネキサム酸を選択しています。

 

 

 

 

 

 

 

特に、表皮のターンオーバー促進によって、

メラニンが浮いてきた2ヶ月後の状態から、3ヶ月後にかけて、

著名にメラニンの消失を認めています。

 

 

 

 

 

 

 

肝斑の発生機序は、未だに解明されていませんが、この経過をみていると、いかにトラネキサム酸の抗炎症作用が、肝斑治療には必要かということを実感します。

 

慢性炎症を鎮めること(=血管拡張を改善させる)は、肝斑治療に必須ですね。

 

 

 

我慢強く治療にお付き合い頂き、とても嬉しかったです。

あともう少し、一緒に頑張りましょう。

 

肝斑治療は結果が出るのに時間がかかり、また個人差もあります。

そのため、なかなか継続することが難しい側面もあります。

 

このような結果を皆さんにお示しすることにより、

ひとつの目標にして頂けたらと思い、今回写真の使用をお願いし、

承諾していただけました。感謝申し上げます。
また、肝斑治療は、決してレーザー・トーニングだけでできる訳ではありません。

トラネキサム酸の内服と外用も組み合わせることで、今回の改善を認めております。

 

今回使用した薬剤と、レーザー・トーニングの費用は以下の通りです(全て税込価格)。

 

(内服薬)
・ビタミンC 1,100円/月
・ビタミンE 1,100円/月
・トラネキサム酸 2,200円/月

※ピルを内服されている方には、トラネキサム酸の処方ができません。
そのため、

トラネキサム酸の外用薬とイオン導入を組み合わせた方が、治療効果が高まります。

 

 

(外用薬)
・TAホワイトクリーム 2,750円
(イオン導入)
・トラネキサム酸 5,500円/回

※トーニングと同時→4,000円/回
※トーニングの間隔の合間で、
トラネキサム酸のイオン導入だけでも行われることを、推奨しています。

 

(レーザー・トーニング)
・全顔 初回お試し 7,840円
・全顔 5回セット 45,000円

 

別途初診料2,500円、再診療1,000円がかかります。

 

 

 

肌のくすみでお困りの方にも、効果がある治療法です。ご相談下さい。

 

形成外科・美容外科

日本形成外科学会専門医・指導医

医学博士

 

匂坂正信