医療法人 匂板会 サキサカ病院

サキサカ病院は熊本市の外科(小児外科)、整形外科、内科、ペインクリニック、麻酔科、医療療養型病院です。

Tel:096-326-0303  fax:096-359-7474


病院からのお知らせ・スタッフブログ

 天高く馬肥ゆる秋(栄養課通信Vol.26)

 

昼間は、高く澄みきった秋晴れに心地よさを感じ、夜は秋の夜長を楽しんでいる今日この頃。

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

 

※写真は葉祥明阿蘇高原絵本美術館です。

 

あっという間に10月も半ばを過ぎ、栄養課通信も随分と御無沙汰をしておりました。

 

 

9月の通信からお伝えしたいと思います。

 

 

8月27日~31日までの5日間、尚絅大学短期大学部 食物栄養学科より

学外実習に来られましたので、実習最後の日に『 夏のおわりのお弁当 』

を一緒にご用意いたしました。

 

 

夏のおわり・・・皆さまは何を連想されますか?

私の場合、5、6年前までは子供の宿題、最近では甲子園が私に夏の終わりを

告げてくれます。

 

 

3年前に親戚の子供の応援に春の甲子園の開会式、初戦観戦して以来、高校球児

ファンになり、毎年彼らの汗や涙に感動しながら夏を終わらせています。

 

『 100回目の夏 』感動をありがとう (^.^)/~~~。

 

金足農業の吉田君を掛紙にしたかったのですが、

皆の意見を入れて今回はこのような掛紙に致しました。

 

 

 

 

お弁当の内容は、夏を名残惜しみながら、ありがとうの気持ちで、患者さまがお好きな

メニューを入れさせていただきました。

 

実習生も加わり、活気に満ちた厨房でテキパキお弁当が仕上がっていきます。

20歳の女の子が加わるといつも以上に?厨房の雰囲気が優しくなるのが不思議です

 

 

 

 

若さを羨みながら、楽しくお弁当が出来上がりました。

 

 

 

 

秋の澄んだ空気。耳を澄ませば・・・虫の声 ♬

読書や運動、映画鑑賞に美味しい食べ物。最高の季節です。

自分の腹囲と相談しつつ、秋の食べ物に心寄せられる毎日を回避すべく・・・。

職員のトータルヘルスプロモーションの企画に乗り、食事+運動

みんなと楽しくストレス発散し、美味しいものを食べる!! を始めました。

 

 

まだ、小さなことしか達成できていませんが。。。

以前は出来なかったことが出来るようになった・・・!(^^)!

腹筋の出来る回数が増えた・・・!(^^)!

鉄棒ぶら下がれるようになった・・・!(^^)!

呼吸法を使いながら出来るようになってきた・・・!(^^)!

 

 

みんなのモチベーションも上がっていってます。

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

 

さて、9月17日は『 敬老の日 』 でありました。

日ごろの感謝の気持ちを込め《 敬老の日のお弁当 》をご用意

致しました。

 

 

 

 

この掛紙に金色の折り鶴を添えておりますが、自宅で折っておりましたら、18歳の

長男が一緒に折って手伝ってくれました。

 

これも秋の夜長の魔法でしょうか?

 

入院されてる患者さまや父母・祖父母の思い出話で

ゆっくりした時間を過ごすことができ、患者さまからも掛紙も喜んでいただけて

二重に喜びをかみしめることが出来ました。

 

 

 

 

長年にわたり社会に尽くして来られた方々を敬愛し、長寿を祝う日。

ありきたりですが、赤飯でお祝いさせていただきました。

改めまして、ありがとうございます。

 

 

最後になりましたが、被災された中国・四国地方や北海道の皆さまにおかれましては

心よりお見舞い申し上げます。

一日も早く平穏な生活に戻られることを、心よりお祈りいたします。

 

 

夜風が冷たくなる季節ですので、くれぐれもお身体ご自愛ください。

 

 トータルヘルスプロモーション;職場の健康管理

残暑厳しい日々が続き、気候の変動を肌で感じています。

適切な水分補給、電解質の補充が必要ですので、ご心配な方はご相談下さればと思います。

 

 

 

 

さて、当院では職場のスタッフの健康管理を目的としたトータルヘルスプロモーションを進めています。

ローマ字表記の頭文字をとってTHPと略されたりもしますが、この概念、簡単に申しますと

「健康寿命を延ばすため、日頃の生活習慣、運動習慣、食生活から見直しを行い、生活習慣病の予防に努める」というふうに意訳できます。

 

日本人の死因では死亡診断書をもとに作成された統計データではがん、心疾患、脳血管疾患が上位を占めます。これら死因となる疾患にかかりにくい身体を作るためには、どういう予防策が考えられるでしょうか。

 

一つは喫煙を控えることです。喫煙のリスクは糖尿病や脂質代謝異常症(高脂血症)、高血圧に比べて2倍とも言われています。喫煙習慣のある方は、禁煙を行うことが健康寿命を延ばす第一選択とも言えます。

 

上記に記した血管性疾患に関しては、いかに動脈硬化、血栓形成を防ぐか、血管ストレスを減らすかが焦点になって来ると思われます。高血糖や中性脂肪・LDLコレステロール濃度の高い血管内環境をいかに改善するかといえば、一つは食生活の改善があります。

そして運動療法です。

 

内臓脂肪と呼ばれる腸間膜の脂肪を落とすことで高血糖、高脂血症を予防するという観点から、腹囲を男性なら85cm、女性では90cm以下に維持することが目標として掲げられて来ました。

この内臓脂肪や皮下脂肪を運動で落とし、さらに筋肉量の増加により基礎代謝を向上して

脂肪が付きにくく、カロリーを消費しやすい身体を作ることが大事なのです。

 

当院では、運動療法の面で職員の健康管理の後押しをするため、トレーニング機材をいくつか設置して休憩時間や仕事終わりに運動ができるような環境を整備しています。

 

運動に関しては、連続した長時間の運動と短時間でも1日に3回ほど分けて運動するのとでは、LDLコレステロール値の改善に差はないという報告があります。

 

そのため、朝いちばんと休憩時間、夕方退社時間の合計3回、簡単な運動をするだけでも効果が期待できるのです。

 

実際、この取り組みを始めてみての感想ですが、職員のみなさんは楽しく体を動かしておられます。運動自体にストレスを発散する効果もありますし、昨日より今日、できるようになるという達成感は精神的にもプラスになるようです。

 

健康寿命のためにはもちろん、ハツラツとした生活のために、今後もトータルヘルスプロモーションを進めていこうと思います。

ご興味のある方には内容をまとめたプリントをお配りしていますので、お声かけ下さい。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 28